読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢のオバァLIFE!

ハンドメイドで島おこし!?目指せ人口10000人!

電子書籍が2000冊を軽く突破、どんなに安く見積もっても40万円以上!

f:id:ieland:20170227000037p:plain

どうも、電子書籍の回し者です(嘘です)。

コツコツと買い続けていくうちに気付けば大台を超え、リアル書籍(紙の本)も含めればアホのような出費をしている管理人です。

ザル計算すれば漫画だけでも3000冊は読んだことになりますので、管理人のお気に入りだけでも紹介しよっかなーと、息抜きの記事です。

【スポンサーリンク】 

いつもお世話になっております。 

 

 

まず青年漫画部門から。

と言っても少年漫画と青年漫画の境目があやふやなので、自分の中で男向け漫画をご紹介、何度も読み返した作品ベスト3方式で発表します。

 

 

ベルセルク 1 (ヤングアニマルコミックス)

第3位、【ベルセルク】

グロく、暗く、重く、エロチックな作品で、息苦しくなる箇所がところどころあり、それを払拭する流れを期待しながら読み進め、タイミング良く入るコミカルなキャラやサブストーリーに助けられ、また先の話を不安や期待で煽ってくる作者。

より悲惨さを求めているのか、救いのある方向へ期待感を抱くのか、自分でも分からぬまま読ませてくれる勢いがあり、ストーリーは重くとも読んだ後に不快感はなく、ある種の爽快感を与えてくれる作品である。(未完)

 

 

キングダム 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

第2位、【キングダム】

1巻が出た辺りで試し読みし、まんまとハマった作品。

【遮那王義経】が好きな管理人はドンピシャ設定から引き込まれ、最初の部分でそれは裏切られるが、サクセスストーリーと三国志好きなのでそのままのめり込む。

大好きなキャラが死ぬところでは何度読んでも号泣し、中心人物らが成長する過程などを見て、ここからどう逆転していくのかなど、心を鷲掴みにさせてくれる作者。

少年誌だからか爽やかな表現で、女性にも読みやすいと思われる。(未完)

 

 

うしおととら(1) (少年サンデーコミックス)

第1位、【うしおととら】

最後の最後に裏切られることが多い中、キレイに〆られた作品。

絵柄など古臭さはあるがいつでも読め、【からくりサーカス】と違い凝った演出などはなく、よくいう王道な少年漫画の代表作である。

タイトル通りに主人公は二人、何度読み返しても後半に行くにつれ胸が痛くなり、泣くのは分かっていてもゆっくり読みたくなる漫画の一つ。

同じく管理人の中でキレイに〆られた作品に【鋼の錬金術士】があるが、読み返した回数的にこちらの方が多いので、この順位になります。

 

 【HUNTER×HUNTER】、【ゴッドハンド輝】、【クローズ】、【龍狼伝】、【女帝】、後は名前を挙げた作品が主に5回以上読み返した作品です。

未完の作品にも読みたいのが多く、ある程度巻数が進んでから一気に読んだり、マメに追い掛けて読んだりと、本棚にどんどん増えています。

最近は【町おこし】に熱中なために読んでませんが、落ち着いたら一気に読みたい欲求と、新しい商品開発やら制作系の欲求で葛藤しそうです。

 

 

 

電子書籍に出会ったのはかれこれ10年ぐらい前、たまたま使用していた【工人舎】さんの超コンパクトPCにデフォで入っていたアプリでした。

工人舎 SA5シリーズ HDD120GB タッチパネル WinXP HomeSP3 Office2007 SA5ST12F

工人舎 SA5シリーズ HDD120GB タッチパネル WinXP HomeSP3 Office2007 SA5ST12F

 

 

持ち歩いて文章を打ち込める【ポメラ】も持っていたガジェット好きな管理人、 ブルートゥースも出始めてすぐに買い、なんやかんやで散財していた頃です。

 

キングジム デジタルメモ ポメラ DM20Y 由良拓也モデル 黒

キングジム デジタルメモ ポメラ DM20Y 由良拓也モデル 黒

 

 

電子書籍に馴染みがなくとも新しい物好きなので早速利用、好きな作品を持ち歩ける便利さ、当時ガラケーだったので暇潰しツールは皆無。

ポイントバックキャンペーンや半額キャンペーンなど、お得な日に読んだことのないジャンルに手を出したり、試し読みや無料本でどんどん開拓。

サイトの思惑にまんまと乗せられ、気付けば2000冊は軽く突破し、まだまだこれからも増え続けそうな勢いです。

 

本棚を見ると管理人の趣味・嗜好丸出しですが、読み返す回数順では有名作品に偏ってるのが分かりました。

マイナーだけど面白かった漫画、もう一度読みたい漫画などなど、あるにはあるんですが実際こうやってまとめると、結構書けないものですね。

また今度、暇を見付けては少女漫画・女性誌漫画(?)部門でも書きます。

後はオススメの小説や映画なども書けたら書きたいとこですが、取り合えず今日はこの辺で。

 

ではまた^^