読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢のオバァLIFE!

ハンドメイドで島おこし!?目指せ人口10000人!

またもや人口減少、子が増えても老いが逝く。その2

 

毎月毎月発行される島の情報マガジン、人口の増減がどうしても気になる。

この島に直面してる問題は、日本の社会問題の縮図なのではないか

そんな風に考えております、最近真面目な記事の管理人です。

 

初日のテンションどこ行った???

 

 

前回の記事

 

ieland.hatenablog.com

 

の続きになりますが、単純に短期的な計画で人口を増やすのは

日本に移民を増やすのと変わらない、そんな風に管理人は思うわけです。

一時的に人口は増え、働き手も増え、その分生産能力も上がり、活性化します。

移り住んだ人らが家庭を持ち、子孫を増やし、また人口が増える、理想ですね

では、その場所にいる住民が少数派になった場合、どうなってしまうのか?

 

この島でも移住者は何十人もいます、島人口の一割にも満たないと聞きました。

島の風習や定時のサイレン、それが既に要望で無くなりました。

ずっと代々続いていた風習すらも守れない、時代と言えば時代でしょう

煩わしいと思っていた慣習や風習、いざ消えてしまうと寂しいものです。

身勝手な意見と思われるかと思いますが、嫌なら拒否すればいい話で

その物自体を無くしてしまおう!と画策しないで頂きたい。

 

日本に移民が増え、日本の風習や慣習が気に入らない、じゃあやめて貰おう!

と、署名なりデモ行進なり、運動されても受け入れなきゃいけないのですかね?

まぁ、大げさと言うか大きな問題として考え過ぎなのでしょう。

でもですよ?

可能性はゼロと言えません、実際この島で起きた【移住者と住人の問題】です。

日本のシュミレーションがこの島で起こってるのならば

逆手に取ってチャンスと捉えてはどうだろうか。

 

 

 

と、ゲーム脳の管理人は成功しか信じずに、今日もせっせこブログ更新してます。

お年玉レベルの軍資金で材料を揃え、島おこしの商品を作り、そしてネットで売る

内需から抜け出る商売を

ずううううううううううううううううっと考えていたわけです。

何か仕事増やせないかな→じゃあ飲食店とか?→弁当屋減ったし弁当屋とか?

と、目先の需要や利益を追っても、今あるパイの奪い合いなわけですよね。

 

人口が減るにつれて横の繋がりも濃く、なるべく競争を避けるようになります。

お互いの顔が見える分、売り上げの奪い合いはやりにくいわけですよ。

 

ieland.hatenablog.com

 

↑初投稿の記事でも書いたと思いますが、個人商店はどんどん潰れてしまい

店舗型の建物を、そのまま住宅として住んでる物件が目に付きます。

大きな窓ガラスに、店舗用のシャッターなど

住むには人目が気になるような物件なので、嫌でも目に付くというわけですよ。

 

少ないパイを奪い合った結果、寂れた町になり果てて、今がある。

雇用を生みたいなら内需を捨てて、外需を狙うべきだと考えた管理人

リアルシムシティで日本のシュミレーションをと、ゲーム脳ですね。

 

 

←そろそろ現実問題も気になってきた

 

 

で、この計画が着々と進行(?)してからここ二日間

 

嬉しい事に!

 

この島に、似た考えの人がいることが判明。

新たな島の名産をと考える人、老人達の憩いの場を設けたい人

嬉しくて思わずペンが走るじゃないかこのヤロー(キーボードだけど)

今日久しぶりに長文なのは、そんな理由なのですよ!

 

ってもうこんな時間?;;

 

結局話まとまってない気がしますが、勢い大事なので未編集で残します。

ではこの辺で、みなさままた明日、おやすみないさ^^

 

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ